夜 トイレに行かずに寝るために

頻尿の女性の正しい水分の摂り方

体の70%が水分で占められている人間にとって、水分を摂取するのは欠かせないことです。
健康維持のためには、1日2リットルの水を飲むのが良いと言われています。

 

でも、頻尿の女性にとっては、水分をたくさん摂るということに抵抗がある方もいるでしょう。
排尿の頻度を抑えたいのに、水分をたくさん摂っていたら、さらに頻尿が悪化するというイメージがありますよね。

 

しかし、当たり前のことですが、水分を摂取するのは必要不可欠なことです。
ですから、頻尿の女性は、正しい水分の摂り方を覚えて、頻尿を悪化させることなく水分を補給するようにしましょう。

 

まず、摂取量に関しては、1日に1リットルから1.5リットルぐらいを目安にしましょう。
食事からも水分が摂れるので、推奨されているように2リットルも飲む必要はありません。
体重によって摂取量は若干変わりますが、最低でも1リットルは摂取してください。

 

水分の摂り方は、1回でたくさん飲むのではなく、200ml(コップ1杯程度)を1日のうちで数回に分けて飲みましょう。
たくさんの量を一気に飲むと、膀胱に水分が大量に溜まってしまいます。
少量をこまめに摂取すると、膀胱に溜まらず、汗などで排出されていきます。

 

ですから、喉が渇いたタイミングで、少しの量のお水をゆっくり飲むようにしてください。
夕方以降は、出来るだけ控えた方が良いので、午前中に3杯、午後に2杯から3杯を目安に摂取するといいですね。
頻尿の場合、水分を摂りすぎても、摂らなすぎてもいけないので、正しい摂り方を身につけておきましょう。

 

関連記事 : 女性の頻尿対策にはペポカボチャ