夜 トイレに行かずに寝るために

膀胱炎とは

膀胱炎は、大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。

 

膀胱炎になると炎症を起こした膀胱が過敏になっているため、トイレが近くなったり、トイレに行ったばかりなのにすぐに行きたくなる、残尿感があるなどの症状ではじまり、炎症がひどくなると排尿後しみるような痛みや下腹部に鈍痛を感じるようになります。

 

また白っぽい濁った尿がでたり、目でみてわかるほどの血尿が出ることもあります。


膀胱炎の原因

膀胱炎は尿道内に大腸菌などの細菌が入り込み炎症を起こすことによって引き起こされます。

 

通常は膀胱の自らの働きにより細菌を防いでいますが、トイレをガマンしたり、冷えや病気、疲労やストレスなどによってからだの抵抗力や免疫力が落ちていると膀胱炎になりやすく、頻尿や残尿感を引き起こします。

 

女性は、男性に比べて尿道が3cm〜4cmと短いうえに、尿道が太く、膀胱の位置が下にあり、尿道口が肛門に近いので、細菌が入りやすい体の構造になっているため膀胱炎にかかりやすと言われています。

膀胱炎を防止する方法

膀胱炎の予防には、膀胱内で菌を増やさない、膀胱内に菌を入れない、からだの抵抗力を落とさないことが不可欠です。
日ごろから尿道付近の清潔を心がけ、生活習慣を見直しましょう。

 

  • 休養、睡眠をしっかりとる
  • ストレスや疲れをためない
  • 栄養バランスのよい食事
  • 適度な運動
  • 下半身を冷やさない
  • 水分を多めにとる
  • トイレを我慢しない
  • 外陰部を清潔にする
  • 生理用ナプキンやおりものシートはこまめに取り替える

 

膀胱炎は、再発しやすい病気です。正しい方法で治療をしないと、疲れると症状が出るといった風に慢性化してしまうので気をつけましょう。

 

関連記事 : 女性の頻尿対策にはペポカボチャ