夜 トイレに行かずに寝るために

男性と女性の頻尿の原因の違い

頻尿の原因というのは、男性と女性によって違うことがあります。

 

男性の頻尿は、ほとんどが前立腺肥大症が原因になっていると言われています。

 

前立腺肥大症は、前立腺が大きくなってしまう症状で、年齢を重ねるほどに発症率が高くなります。

 

前立腺は、膀胱に隣にあるので、大きくなってくると膀胱を圧迫してしまいます。そのため、頻尿や尿漏れなどの排尿障害が現れるのですね。

 

ただ、男性の頻尿の原因のすべてが前立腺肥大症というわけではなく、前立腺がんである可能性もあります。

 

前立腺がんは、初期段階だと自覚症状がほとんどありません。唯一、排尿障害が症状とも言えるので、頻尿になったら、まずは泌尿器科で診察を受けるようにしましょう。

 

女性の頻尿は、多くの場合、筋肉量や筋力の低下が原因となっています。

 

排尿には、骨盤底筋という筋肉が大きく関わっています。

 

骨盤底筋は、尿をストップさせる時に使う筋肉で、この筋肉量や筋力が低下すると、尿意を我慢することが出来なってしまいます。

 

女性はもともと筋肉量が少なく、筋力も弱いのに加え、出産しやすいように骨盤底筋が弱くなっています。そのため、女性の頻尿は、筋肉量と筋力の低下が原因となるのですね。

 

また、女性は尿道が短いため、膀胱炎に掛かりやすい体質です。

 

膀胱炎になると、排尿をしても残尿感が残ってしまいます。つまり、常に尿意があるという状態になってしまうため、頻尿になってしまうのです。

 

男女ともに共通した原因もありますが、それぞれの体の構造に特化した原因もあるので、改善をするためにはしっかり認識しておきましょう。