夜 トイレに行かずに寝るために

加齢による夜間頻尿の原因

高齢になってくると、ほとんどの方が尿に関する悩みを持つことになります。

 

体内の機能というのは、加齢とともに衰えるのが当たり前なので、これは特に恥ずかしいことではありません。
ただ、恥ずかしくないと言っても、尿に関する問題というのは深刻でしょう。

 

特に、夜間頻尿が起こってしまうと、睡眠が浅くなってしまうので、健康を害してしまうことがあります。

 

加齢による夜間頻尿の原因はいろいろありますが、特に抗利尿ホルモンの分泌の変化が主な原因と言われています。
抗利尿ホルモンは、尿の量を少なくさせるという働きを持つホルモンです。

 

人間の体は、睡眠を優先させるために、夜間は抗利尿ホルモンの分泌が盛んになります。
でも、年齢とともにこの分泌量が減ってしまうので、普通に尿が溜まってしまうので、夜間でもトイレに行きたくなるのですね。

 

また、抗利尿ホルモンが働いたとしても、老廃物の排出は行われますし、代謝活動も行われます。
水分が体内に長時間留まるのですが、高齢になってくると、溜まった水分の排出が我慢出来なくなってきます。そのため、寝ていても、尿がしたくなって起きてしまうのです。

 

ただ、尿が長時間留まるのは、血管に負担をかけることになるので、夜間に尿をすること自体は悪いことではありません。

 

でも、何回もトイレに起きてしまうと、その分睡眠の質が悪くなります。
きちんと眠ることが出来ないと、疲れが取れませんし、体内器官も休むことが出来ないので、頻度によっては治療の必要があると言えます。

 

関連記事 : 夜間頻尿対策にはノコギリヤシ