夜 トイレに行かずに寝るために

男性の頻尿の主な原因

加齢とともに誰でも経験するのが頻尿です。

 

男性の頻尿の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

頻尿などの排尿障害の原因は、男性では前立腺肥大と過活動膀胱が一番多い原因と言われています。

 

前立腺は膀胱の下にある男性だけにある臓器で、加齢とともに肥大します。

 

肥大した前立腺が、尿道を圧迫することによって尿の出を悪くし、尿の勢いが悪くなる、下腹がムズムズするなどの残尿感、がまんできずに尿をもらす、またすぐにトイレに行きたくなる、夜何度もトイレに行くなどの排尿障害を起こします。

 

前立腺肥大症は良性の疾患で、50歳を過ぎる頃から増え始め、統計によれば、日本の55歳以上の男性の2割、5人に1人に前立腺肥大の症状があることがわかっています。

 

過活動膀胱は急に、尿意をもよおし、もれそうでがまんできない、トイレが近い、急にトイレに行きたくなり、がまんができず尿がもれてしまうことがある、夜中に何度もトイレに起きるなどの症状があらわれる病気で、前立腺肥大症のある人の50%〜75%には過活動膀胱の症状があると言われます。

 

過活動膀胱には、神経のトラブルで起こる“神経因性”のものと、前立腺肥大症など神経トラブルとは関係ない原因で起こる“非神経因性”のものがあります。

 

関連記事 : 夜間頻尿対策にはノコギリヤシ