夜 トイレに行かずに寝るために

夜トイレに行かずに朝まで熟睡してみたいと思いませんか?

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

■毎晩、夜中に目が覚めて、トイレに立ってしまう・・・。
■寝る前の水分を控えても、どうしてもトイレに行きたくなる・・・。
■疲れているのに夜目が覚めてしまう・・・。

 

このような夜間の頻尿に悩んでいる方はたくさんおられます。

 

私も以前は夜トイレに行くために起き出し、夜布団に入ってから朝まで寝続けることができなかった経験を持っています。

 

自分自身の経験も踏まえ、そんな夜間の頻尿に悩む人向けに原因や対策をお届けしています。

 

夜トイレに行かずに朝まで熟睡してみたいと思いませんか?

どんな人が頻尿なの?

頻尿とはおしっこが近い、夜中に何度も目が覚めるなど排尿の回数が異常に多くなる現象です。

 

排尿回数には個人差はありますが、通常1日の排尿回数は6〜7回程度で、1,500ml〜2,000mlの尿を1日に排泄しています。

 

膀胱の正常容量は約200ml〜300mlほどで、通常尿は1時間に60mlつくられ、約150mlたまると軽い尿意を、250ml〜300mlたまると強い尿意を覚えるとされています。

 

2時間以下の間隔で排尿があって、1日に9〜10回以上トイレに行くようであれば頻尿の疑いがあります。

男性と女性で頻尿の原因は異なります

一口に頻尿と言っても男性と女性でもその原因は違います。

 

頻尿の原因として一番多いものには、男性の頻尿の場合は前立腺肥大症が原因になることが多く、女性の頻尿の場合には膀胱炎が一番多い傾向があります。これは泌尿器の構造が男性と女性で違うためです。

 

一般的に頻尿は女性に多く引き起こされるのが特徴です。

 

腎臓から膀胱までの構造は男女ともほぼ同じですが、尿道の構造とその周囲の器官や筋肉は男性と女性では異なり、男性は尿道が長く曲がっていますが、女性は男性に比べ膀胱の位置が下にあり尿道が3cm〜4cmと短かいうえに、尿道が太く、入り口が肛門に近い位置にあります。

 

このように女性は外からの細菌が侵入しやすい構造になっているため頻尿を起こしやすいと言われています。

 

女性の方にはこちらの記事が役立ちます。

女性の頻尿に効果のあるペポカボチャ
頻尿になってしまうと、外出するにも不安がつきまといますし、移動手段も限られてしまうでしょう。川や山などトイレのない場所へ行くことは出来ませんし、電車などの公共機関だと、尿意が起こっても簡単にトイレにいけません。つまり、生活していく上で、あら... >>> 続きを読む

 

男性の方にはこちらの記事が役立ちます。

男性の頻尿に効果のあるノコギリヤシ
男性の頻尿改善にはノコギリヤシが効果的と言われています。ノコギリヤシというのは、厳しい自然の中で生きるインディアンが、滋養強壮のために食してきたと言われる植物です。十分な栄養を摂ることが出来ないインディアンが、健康かつ強靭だったということか... >>> 続きを読む